2018年無利息期間で損しないためのキャッシング・カードローン決定版

キャッシングやカードローンでお金を借りたら、ふつう利息(利子)をつけて返済しなければなりません。

でも、一定期間、この利子がまったく不要、無料で借りた元金だけを返済すればいい、というとってもオトクなサービスがあることはご存知でしょうか?

 

それは、”無利息サービス””無利息期間”と呼ばれる消費者金融独自のサービスです。
少しでも返済を安くしたい人は、絶対におさえておきたいところ!
でも、無利息期間につられて借入先を選んでしまうことは、じつは危険なんです。
自分の借りたい額や返済方法によっては、無利息期間より低金利のカードローンを選んだほうがオトクになることも。

 

そこで今回は、無利息期間に向いている人、向いていない人をわかりやすく解説しています。
さらに無利息期間を設けている人気の消費者金融や、無利息期間を最大限に活用する方法、裏ワザまで、丁寧に解説していきますよ♪
これさえ読めば、あなたも無利息・低金利でお金を借りる達人になれるかも!

 

無利息期間とは?

無利息期間とは、その名のとおり、定められた一定の期間は、通常は必ず発生する利息が無料になるというキャンペーンです。

もっと簡単に言うと、「最初に契約したときに借りたお金は、指定の期間以内に返したら、借りた金額のみの返済でいいですよ」といういわゆるお試しサービスのようなものと考えてOK!

 

この無利息の期間は消費者金融によっても異なりますが、人気の消費者金融ではおおむね1か月、30日間ということがほとんどです。

 

この無利息サービスがあるのが消費者金融のキャッシングの大きな魅力。
銀行系カードローンに負けないポイントです。

 

無利息サービスがぴったりなのはこんなタイプの人

 

  • 5万円・10万円・20万円・30万円程度までの少額融資希望の人
  • 短期間で返済できるアテがある人(給料日やボーナスなど)
  • 繰り返し借り入れと返済を繰り返すのではなく、今借りたお金を返し終わるまでは借りない人
  • とにかく今日中!即日融資希望でキャッシングしたい人

 

上記のような人にとっては、無利息サービスは最適といえます。
消費者金融の魅力は無利息だけではありません。
全国どこでもWEBだけで申込でき、最短30分審査、即日融資OKなのは、消費者金融だけと考えてもいいでしょう。
唯一のデメリットである金利の高さをカバーするには、借り方や返済をきちんと管理することが大切になってきますね!

 

無利息でいくら節約できる?

では、無利息期間を利用することで、実際にはどのくらいオトクになるのかを計算してみましょう!

 

利息は、計算方法で求めることができます。


利息(利子)=借入金額の合計 × 金利 ÷ 365日 × 借入スタートからの日数

 

この公式に、数字を入れていけばOK!
例として、今回は40万円借りて、30日間の無利息期間で返済した場合の利息がどれだけオトクになったかを計算してみましょう。

40万円×金利18.0%(0.18)÷365日×30日 = 5,917円

 

30日以内に返済しきってしまえば、まったく無利息で元金の40万円だけの返済でOK!
丸々5,917円オトクに浮いたということになります。
ボーナスやお給料日が近くて、無利息期間内に返済できるあてがある人はラッキーですね♪

 

では、無利息期間内に返済できなければオトクではないのかというと、そうではないんです。
上の式を利用して、40万円を1年で返済した場合の利息を計算してみると、無利息期間がなければ72,000円になります。
しかし、無利息期間が30日あれば、約1/12は利息がつかないため、結局は約1か月分の5,917円は利息が安くなります。

 

つまり、無利息期間サービスは、すぐに返済できる人にも、長期間で返済する人にも、どちらにもお得なんですね♪

 

無利息の具体例、アコムの無利息を見てみよう

たとえばアコムの場合は、30日間無利息キャンペーンを行っています。

アコムの無利息キャンペーンの特徴

・初回の契約者のみ
・契約日の翌日から30日以内に返済した場合
・返済期日35日ごとでの契約の場合

アコムは即日融資が可能な消費者金融で、夜は21時頃まで審査が可能。
スマホやインターネットからの申し込みを行って、21時までに審査を受けらればその日のうちにお金を借りることができます。
つまり、即日融資で30日以内に借りたお金を返済すれば、無利息ということですね。

 

無利息サービスは「起算日」に注意!

無利息期間を無駄にしないためには、無利息期間がいつから始まるのかを確認しておくことが大切です。

この無利息期間が始まる日のことを「開始日」「起算日」といい、各消費者金融のサイトなどには必ず記載があります。

 

じつは、借入先によって、無利息期間の起算日は異なるんです。
そのため、思わぬタイミングで無利息期間がスタートしてしまい、30日間の無利息期間なのにほとんど利用できなかった、なんてことになることも……。

 

開始日(起算日)は大きく分けて2つ

 

  • 契約日の翌日から無利息期間がスタートする場合
  • はじめての借入日の翌日から無利息期間がスタートする場合

 

このうち、気を付けたいのが、「契約日翌日から無利息がスタート」するパターンです。
審査と契約だけ済ませたけれど、急ぎではないからとお金を借りずにいると、その分無利息期間は減ってしまいます。
開始日が契約日翌日スタートの場合は、できれば当日か翌日にはお金を借りておくのが最もお得に利用するコツですね♪

 

アコムの場合、契約日の翌日から30日間、とあります。
アコムの起算日は契約の翌日ということ。
これは、契約した日から30日間、という意味なので、30日間もしお金を借りなければ、31日目に初めてお金を借りても無利息キャンペーンの対象にはなりません。

 

また、無利息が適用されるのは、初回の借り入れだけ。
契約した日から30日間は、借りて返済して、を何度繰り返しても無利息ですよ、という意味ではないんです!

 

「初回の借入れから30日間」というところもあります。
これは、契約してから1ヶ月後に初めて借りたとしても、その借りた日から30日間なのでいつでもスタートできるということなんです。

 

この点には注意して、無利息キャンペーンを活用してくださいね。

 

\申込は優良キャッシングランキングから!/

→コチラ←

 

特徴のある無利息期間を設けているキャッシング2選

これから紹介する2社は、どちらかというとキャッシングに慣れている方や、お金の管理、スケジュール管理が得意な方にオススメです。

無利息期間が長かったり、何度も利用できるなどのメリットがある反面、使い方を間違うと思わぬところで利息が発生してしまう恐れもあるからです。
使いこなせば、かなりの期間や回数無利息でキャッシングすることも可能ですので、興味がある人はぜひチェックしてみてくださいね♪

 

ノーローンなら、借り入れから7日間の無利息期間中なら、何度でも無利息

新生銀行の提供しているキャッシングの「ノーローン」は、なんと、無利息期間の回数が無制限に設定されています。
ただ、そのかわり、無利息期間は7日間(1週間)と、多くの消費者金融にくらべてとても短いのです。

 

ノーローンが最適なのは、1万円〜5万円程度の少額の融資を、一括で1週間以内に返済ができる人です。
つまり、お給料日まであとちょっとなんだけど、今月も足りない……ということが多いような人ですね。
必ず給料日に返済ができるようであれば、まさにお給料の前借感覚で使えるキャッシングです。

 

ただし、7日間無利息は何度でも使用できるものの、使えるのはひと月に1回限り
月に何度も無利息で借りるということはできません。
たとえば、毎月25日がお給料日の場合、19日に借りて25日に返済したらその分は無利息。
でも、次に無利息で借りるためには、翌月の一日(ついたち)以降まで待たなくてはなりません。

 

そして、金利はけして低くはありません。
少額融資でさっと借りてさっと返せる人はぜひチェックを!

 

【金利】4.9〜18.0%

 

新生銀行カードローン「レイク」は無利息期間を好みで選べる!

レイクは、なんと無利息期間を2つのうちどれかひとつを好きに選ぶことができるオーダーメイド感覚のカードローンです。

 

  • 契約日翌日から30日間 金利:4.5〜18.0%
  • 契約日翌日から180日間 金利:12.0〜18.0%

 

特筆すべきは「180日間」の無利息期間のほうですよね。
一見すると、明らかに180日無利息のほうがいいように見えますが、これにはちょっとからくりがあります。

 

無利息期間180日が利用できるのは利用限度額200万円以下、かつ借入額が5万円以下の場合
20万円借りたら、無利息分は5万円だけで、あとの15万円は期間中でも無利息にはなりません。
しかも、レイクは銀行系カードローンの一種なのですが、特殊な無利息期間のために消費者金融並みに金利が高めなのもデメリットのひとつ。

 

 

 

はっきり言ってしまうと、なんの制約や制限もなしに、無利息期間がほかより圧倒的に有利な消費者金融やカードローンはありません!
何か他のところで気になること・ほかより劣っている点がないかは必ず確認するようにしましょう♪

 

心配なら、まずは初心者の人でもとりあえず30日間の無利息期間が約束されていて、無利息以外もサービスが充実している消費者金融がいいでしょう。

 

厳選!初心者さんでも間違いなしの無利息期間ありのキャッシング2選

アコム

貸付利率(実質年率) 自動審査受付時間 メリット
3.0%〜18.0% 平日9:00〜21:00 30日間金利0円サービス(契約日の翌日から30日間)

パート・アルバイトでもOK!

アコムは申込みから契約までインターネットで手続き完了することができます。店頭窓口や自動契約機来店して手続きする場合でも、事前にインターネットで申し込んでおけば、来店時の手続き時間が短縮可能。

【特徴】
・3秒結果表示
(3秒診断は、借入をご検討される際の目安であり、実際のお借入時の審査結果と異なる場合があります。)
・はじめてでも来店不要
・スマートフォンの無料アプリがあるので収入証明の送付などが便利!

 

アイフル

貸付利率(実質年率) 自動審査受付時間 メリット
4.5%〜18.0% 9:00〜21:00 30日間金利0円サービス(契約日の翌日から30日間)
夜の即日融資のポイント

インターネットから申し込んで、20時30分頃までにに自動契約機へ。
審査時間は30分〜1時間なので、21時までに本審査を受ければ、21時45分までカード発行が可能です。
※自動契約機の営業時間は地域により異なります。まずは公式ホームページで近隣の自動契約機の営業時間を調べてください。

 

 

アコムとアイフルがオススメな理由

アコムとアイフルの無利息期間は、どちらも30日と同じで、大手のほとんどは同じ無利息期間を採用しています。
そのなかでもこの2社を選んだ理由は、無利息期間以外のサービスも充実していることです。
無利息期間は確かにオトクでうれしいもの。
でも、それは数千円〜せいぜい1万円、2万円くらいのディスカウントであり、結局のところ無利息期間以外のサービスが充実していないところで借りるのはむしろ損です。

 

アコムもアイフルも、インターネットを使い、スマホやパソコンだけで申込・審査まですべて済ませることが可能
わざわざめんどうな郵送でのやりとりや、対面でのやりとりは不要です。
さらに、街中にキャッシングカードを発行するための無人契約機(自動契約機)も全国にたくさんあり、人を選びません。

 

キャッシングはたくさんありますが、はっきり言ってサービスや利便性で大手に勝るものなし!
大手は不正やブラックで違法な取り立ても絶対にできませんし、個人情報の保護もきちんとしています。

 

とくに、お金を借りるのが初めての人や、無利息期間を利用するのがはじめての人には、アコムやアイフルなどの超大手を強くオススメします♪

 

無利息期間の有無だけでキャッシング・カードローンを選んでしまうと結果的に損をすることも!

最近は、猫も杓子もとにかく無利息期間を勧めるサイトが多いです。

たしかに、利子が無料と言われたらかなりオトク感がありますし、どうせならあるよりはないほうがいいと思うと思います。

 

ただ、無利息期間があるから、何が何でもオトクというわけでもないということは覚えておく必要があります。
無利息期間が設けられている消費者金融は、その分少し金利が高め。
逆に、無利息期間はなく、申し込み→審査→借入まで数日から数週間かかってしまうことが多い銀行系カードローンは金利が低めに設定されています。

 

金利が低いと、もちろん利息は安くなります。
つまり、返済額は毎回金利の少ないカードローンのほうが安くなることもありますし、元金が減りやすい分、返済期間も短くなることが多いでしょう。

 

低金利重視のキャッシングは低金利でお金借りる!金利の比較方法3つを知ってお得にキャッシングで詳しくご紹介しています♪